税理士 費用

低料金の手数料に設定している税理士の費用

税理士の費用の算定は、ある会計事務所だと、法人税に所得税、相続税などから税務書類を作成するのに必要とされる時間を基準にして逆算して、適正な税理士報酬料金を決定しています。その他にも、社会保険労務士に行政書士、税理士費用も併称して依頼すると、相場の基準料金より、低い料金の手数料にも設定しています。会社の設立や建設業許可申請の他に、必要に応じて不動産鑑定を依頼する場合も、低料金で高品質のサービスを受ける事も出来ます。税理士の報酬は、顧問料と決済料に分けられているが、顧問料と決済料の合計されたものが費用へとつながります。費用の基準としては、法人税申告に所得税申告、相続税申告、追加業務一覧、消費税申告、年末調整に焼却資産税、贈与税などの基準が設けられています。