税理士 費用

税理士の報酬には、上限の規定があります。

税理士は税金問題の専門家として、税法の取り扱いの相談である「税務相談」、税務官公署へ提出する所得税、法人税、消費税などの申告書・申請書・届出書などの作成「税務関係書類の作成」、税務署の実施する税務調査に立ち会い、代理人として意見を述べる「税務代理行為」などを行います。「税務相談」、「税務関係書類の作成」、「税務代理行為」については、有償・無償にかかわらず、税理士以外の者が行うことは法律で禁止されています。その際の費用は、税理士会連合会の定める報酬料金の規定があります。この上限を超えて、報酬料金を請求することはできません。また、税理士の中には、企業の帳簿の記帳を代行する記帳代行業務を行っている方もあります。